//グーグルアナリティクス スクリプト //グーグルアナリティクス スクリプト ここまで //グーグルサーチコンソール スクリプト ここから //グーグルサーチコンソール スクリプト ここまで

人材育成方針

当事務所では、「社会の安定のために資する」という理念に基づき、

1. 外部資格(税理士・他関連士業資格・ビジネス実務法務検定等)

2. TKCグループ内資格(巡回監査士・巡回監査士補)

3. 実務経験及び職務遂行能力(社内規定として箇条書きで明文化)

の3本の柱により、6階級を段階的に上がっていきます。新卒・中途採用(前職までの経験を考慮したうえ)それぞれに応じて、監査担当者として徐々に力をつけていくことができます。そのために、仕事とスキルアップ(学習時間の確保)を重視したワークライフバランスを当然、大切にしています。

新卒で入社したときは、社会人としてのマナー育成に始まり、電話応対等会社を支える根幹となる事務所内部の仕事を覚えます。1年9カ月後(2年目の確定申告の頃)を目安に、監査担当者として一人でもお客様のところへ訪問できるよう、監査をするにあたっての業務を一から順に覚え、監査担当としての責任を徐々に自覚していきます。

税理士事務所経験者はもちろんのこと、様々なバックグラウンドの経験をもつ中途入社の場合は、前職までの経験を活かせる業務に貢献していただくと同時に、経験に応じたスピードで監査担当者として活躍できるように、少しずつ担当先を増やしていきます。

新卒・中途いずれにせよ、監査担当者として売上・従業員等の規模に応じたお客様を段階的に担当することで、税務判断を中心に、行政からの補助金の紹介や連携する生保・損保でのリスクマネジメントも考えた周辺業務も含め、専門の士業の紹介等、監査から派生するお客様の安心につながる「ホンモノの監査」ができるようになっていきます。

当事務所では、ほとんどのお客様は、自計化(関与先のお客様ご自身で経理業務をしていただくこと)が進んでいるため、記帳代行(帳簿や証憑に従って入力をする業務)よりも、さらにその先、お客様にどのような付加価値を提案できるかを大切にしています。ルーティンワークで仕事をこなすのではなく、付加価値を生み出す時間を確保し、生み出す力をつけられるようになって欲しいと考えています。

また、入社年月数に関係なく、毎月の月例会議で、当事務所の経営状況をオープンにし、スタッフ全員が自社の現況を把握することで、それぞれのスタッフが当事務所にひいては社会に貢献していると自覚できるきっかけになっていることが当事務所の特色の一つです。