//グーグルアナリティクス スクリプト //グーグルアナリティクス スクリプト ここまで //グーグルサーチコンソール スクリプト ここから //グーグルサーチコンソール スクリプト ここまで

終身雇用制度

社会の安定のために資することを理念とする当事務所では、一緒に働くスタッフこそが「最大の財産」だと考えています。だからこそ、終身雇用であることは当然で、目先の利益や評価にとらわれず、長い目で見て力や知識をつけて伸びていってほしいと考えます。また、経済的・精神的に安定して仕事ができることは、家族、周囲の人を大切に想うことができ、お客様を自らの家族や友人のように考えることにつながっていきます。仕事の質も、仕事の仕方も、お客様との関係性も、そしてお客様の経営状況も、「目の前のスグ」ではなく、「5年先・10年先の未来」を見据えることが大切だと考えています。

実際に当事務所で一緒に働くメンバーに<終身雇用であることについてどう感じているか>聞いてみました。

「4月に入社したときは個人事務所でした。その3か月後の6月に合併して税理士法人となり、職場が2ヶ所になりました。最初半年間は、先輩に入力方法から丁寧に教えていただき、半年後には “若手社員交換人事制度”で、もう1つの職場で経験を積むことができました。元々違う事務所だったため、地域性やお客様、価値観等も違い、おかげで仕事の幅が大きく広がったと思います。就職活動をしている頃は正直、終身雇用で働こうなんて思ってもいませんでしたが、今はいろんなチャンスとどんどん経験できる場があるここで、段階的に成長していきたいと思うばかりです。」(新卒採用・2年目・20代男性)

「事務所内の情報がオープンで公平であること、結果ばかりを求めて急かされない環境、自計化(関与先のお客様自身で経理業務をしていただくこと)している先がほとんどなのでお客様のことをじっくりと考えられる気持ちの余裕があることなどが、自分の仕事をするスタンスを作ってくれています。プライベートと仕事の両立は思っている以上に大切です!」(中途採用・2年目・20代男性)

「私にとっては、とても“当たり前”のことと感じています。安定していると感じ、“安心”を感じて仕事をすることができています。おかげで、お客さまからの税務や労務の相談に対しても、“ずっとその会社で仕事をしていく”ことを当然に考えることを前提に、アドバイスをすることができていると思います。」(中途採用・6年目・30代女性)

「仕事をし始めて、出産・育児、そして今、2人目の子どもを授かっています。産後1年目で職場復帰したときに『もし保育園に入れなければ、復帰を半年延期してもいいからね。』と事務所から言ってもらい、安心して希望する保育園を探すことができました。子どもができると、どうしても仕事より子ども優先になってしまいますが、それを“人として母として当たり前のこと“と応援してくれる事務所が、私にとって当たり前に大事な職場です。」(新卒採用・13年目・30代女性)